【目標達成・突破したから「頑張った!」と真に言えるんじゃ?】

■昨日の午後、先月から考えていたことを

 言葉にしてみました。

 ↓

 頑張るってなんなんだ?


 長時間やり続ける、土日も休日も犠牲にして

 やり続けることが頑張ること、

 と多くの人が考えているようですが、

 頑張るということを掛け違っている

 ように思えるのです。



■頑張るとは、目標を達成・突破したから

 「オレ、頑張った!」

 と言えるんじゃ?

 と、先月から考えていました。


 アトランタオリンピックの女子マラソンで

 銅メダルを獲得した有森裕子さんは

 インタビューでこうおっしゃっています。


 「初めて自分で自分を褒めたいと思います」


 これ、有名な言葉ですね。

 

 あなたも聞いたことがあると思います。



■これは、目標を成し遂げた自分に対して

 「私頑張った!頑張ったよ!」

 と言っているのだと思うのです。

 


 だから「自分で自分を褒めたい」

 と心底思い、それが口に出ているのではないかと。



■これが頑張るということであり努力する

 ということだと私は定義づけています。


 設定した目標を達成する、突破する。

 それが叶った。

 だから「頑張った」と言える。

 そこにかかった時間が、短ければ短いほど

 仕事の面ではいいわけです。

 それが「生産性が高い」ことの指標になります。



■日本労働組合総連合会の神津会長は

 年頭のNHKのインタビューでこう述べています。


 「頑張れば賃金が上がるという常識を

 取り戻すことが極めて大事だ」


 これは見方によっては、

 「ハードワークすれば給料が上がる」

 と言っているともとらえられます。



■ですが、

 今、ハードワークすれば給料が上がる時代なのか?


 と問われると「???」が頭に浮かぶ方が

 多いのではないでしょうか。


 バブル崩壊以後、ハードワークしても給料はさほど

 上がることはなく、

 しかも過労死・ウツになってしまう人が毎年毎年

 多数出ているのが実情です。



■大事なのは、目標を達成突破したか?

 ミッションをクリアしたか?

 が問われているということです。


 そのために何を、どうやっていけばいいのか。

 何を用意して、何を作っていけばいいのか。

 これが今、そしてこれからも問われ続け

 重要視されていく要素となるでしょう。

 もうすでにその流れは起きていますし。



■頑張ることは大事なことだし良いことです。


 が、頑張るという定義を今一度見直し、

 修正をかけることも大事なことだと思うのです。


 頑張る方向が間違えば、それによってもたらされる

 結果も間違ったものとなり、

 適切な結果を出すために、またまた頑張らないと

 いけないわけです。


 そして、その頑張る方向がまたまた違えば

 結果も違ってしまって、またやり直し、

 という悪夢のサイクルにハマる可能性が

 高いです。

 

 しかも、当人は頑張っているという感覚

 なので、

 「なんでこんなに頑張っているのに

 認めてもらえないんだ?」

 「なんで頑張りが報われないの?」

 となってしまうわけです。

 それが長時間残業や休日出勤の行く末だと

 したら・・・・・、

 考えたくもないですが。



■この機会に、頑張るということを今一度

 見つめ直してみるのもいいのではないかと

 思うのです。


 そして、世間一般で言われる

 「頑張る」ことが正しいのかどうか?

 を、曇りなき眼で見つめてみて、

 連休明け仕事に臨んでみるのもアリですね。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■当ブログでは、私の体験を

 できるだけ一般化に近づけて

 お届けしています。

 それを、あなた専用の形にして

 お渡ししているのが

 「金山直志の個別コンサルティング」



■仕事の戦略、仕事のIQ、仕事の進め方、

 働き方から、

 スキルアップ相談、キャリア形成相談、

 あなたの将来構築相談、

 などなど、仕事、働き方、スキルアップや

 キャリア形成に関するご相談、お問合せを

 承っております。

※個別コンサルについては、こちらをご覧ください!

 ↓

 「金山直志の個別コンサルティング」


※ブログではお伝えできないことを毎日お届けしている、

 ニュースレターはこちらから!

↓ ↓ ↓

金山直志 公式ニュースレター【仕事術改造論】

※上記をクリックすると登録用ページが表示されますので、

必要事項を記入して登録してください。

0コメント

  • 1000 / 1000

仕事術改造論【別冊版】

仕事そのもののあり方が問われています。残業を減らすだけでは不十分であり、 それが今の会社・個人に歪みをもたらし、痛めつけています。 特に「設計・開発」といった頭を使う仕事に携わっている人はかなり傷つき、 疲れ果てています。 そんな方のためのご支援ができるように、このページを作りました。