【あと1日になってしまいました(汗)そしてワークライフバランスが変化する】

■気づいたら、こちらの期限が

 今日までに迫っていました(汗)

 『年末年始限定企画』

 ↓

 

 迷っておられる方、

 お早めにご決断くださいね。


 そんなあなたにこの言葉を贈ります。


 『乗りかけた船には乗ってしまえ』

 By ツルゲーネフ(ロシアの作家)



■さて、

 

 年末年始をどう過ごすか?

 なんのために過ごすか?

 何をして過ごすか?


 これは大きな分かれ目になること

 疑いなしです。


 私が前回の年末年始、一歩踏み出して

 その後「変わったねー」と言われることに

 なりました。


 鮒谷さんからは

 「初めて会った時と比べて、

 着々と実力をつけていかれて

 ますね」

 と言っていただいたり、

 昨年の今頃を知っている人から

 同じような言葉をかけて頂きました。

 恐縮です。


 今日までということで、

 残り期間わずかとなっています。

 ご検討中の方はお早めに!



■話が変わりまして、

 最近のいろいろなニュースを見て、

 本を読んで、

 私の行動を通して、

 「ワークライフバランスが変わりつつある」

 

 ことを実感している日々です。


 これまで言われてきた、

 ワークライフバランスの概念といいますか

 考え方見方が変化しているのです。




■どう変化しているかというと、


 『ワークライフバランスから

 ワークライフユニットへ』

 と変化しているのです。


 仕事とプライベートのバランスを考える

 よりも、


 仕事であり遊びである。

 遊びであり仕事である。

 仕事であり私生活である。

 私生活であり仕事である。


 という方向へと世の中がモデルチェンジしている、

 そんな空気をビシビシと感じています。




■だから、

 「好きなことを仕事にしよう!」

 「やりたいことを仕事にしよう!」

 「何言ってんの?そんな甘いこと

 言ってんじゃないよ!」

 

 なんていう主張が出てくるんだなと。




■また、

 

 いろいろな企業で託児所を併設する

 流れは、未だ留まるところを知らず。

 私の勤務する会社でも、託児所を造るかどうか

 の検討が始まっています。

 

 私の推測ですが、おそらく設置されるだろうな、

 と。

 建設業界は、世の中のトレンドに乗り遅れる

 ことが常になっていますが、

 そんな業界でも託児所併設が検討され

 実現されようとしているわけです。


 託児所ができれば、お子さんを連れて出社し、

 昼休みなどは一緒に食事をすることも

 可能でしょうし、

 具合が悪くなればすぐに駆け付けることも

 できます。


 これも、私生活と仕事が手を結ぶ

 一つの形なのです。




■もはや、ワークとライフを区別する世の中では

 無くなりつつあります。


 お互い手を取り合い、協力すべきは協力して

 補完すべきは補完する。

 

 この見方が必要になっている、

 と私は思うのです。




■そうなると、個々の持つスキルや能力、

 あるいは生産性とか効率性は

 重要な意味を持ってきます。


 所定の結果を出せば、定時まで待たずとも

 託児所のお迎えの時間に合わせて

 お子さんを迎えに行って帰宅することが

 できます。


 コアタイムだけ勤務すれば、あとは

 勉強するもよし、人脈を広げるもよし、

 遊ぶもよし、

 と、そのときにやりたいことに打ち込む

 こともできます。


 これが生産性を高めたり効率化を推し進める

 よい源泉ともなるのです。




■一方で、状況の変化に合わせず動けば、


 いつまでたっても仕事が終わらず、

 お子さんは家に帰れず託児所で一晩を明かしたり、

 帰宅したいときに帰宅できず、パートナー

 との約束がドタキャンになったり、

 勉強したいことが勉強できず、資格取得は

 またしても先送り、


 などという、結構なストレス下に自身を置く

 ことになるでしょう。




■ワークライフバランスを考えていても

 ストレス社会ですから、


 これが変化していけばのしかかる

 ストレスは大きくなる可能性は否定できませんし、

 今からは予想もできなかったような

 新たなストレスに襲われるかもしれないのです。




■そういう点からも、


 今から個人として生産性を高めたり、

 時短術を磨いたり、

 タスク管理のノウハウを使えるように

 なる、

 などの対策は必須です。




■会社が個人のことを考えてくれない、

 というのはあなたも周知のとおり。


 年が明けてもその傾向は変わらないわけで、

 それもよくご存じだと思います。

 なので、年明け以降の備えとして、

 「年末年始限定企画」をお使いいただければ

 と思います。

 こちら、ぜひご検討下さい!

 ↓

0コメント

  • 1000 / 1000

仕事術改造論【別冊版】

仕事そのもののあり方が問われています。残業を減らすだけでは不十分であり、 それが今の会社・個人に歪みをもたらし、痛めつけています。 特に「設計・開発」といった頭を使う仕事に携わっている人はかなり傷つき、 疲れ果てています。 そんな方のためのご支援ができるように、このページを作りました。