サラリーマンのフィジカルとレーニングの基?

■長時間残業が体調不良を起こすのは

 よーくご存じだと思います。

 厚労省でもこのようなコンテンツが

 上がっております。



■これによると、長時間残業が引き金となって

 脳や心疾患が発生することがあるということです。

 さらに個人的な体験から、

 味覚や嗅覚といった五感・六感も

 悪影響を受けます。


 また、知り合いから聞いたところでは

 内臓はもちろんのこと、デリケートな

 ところもかなり影響があるようです。

 生殖機能とか。


 

■その知り合いが言うのには、

 「場合によっては子供ができない体に

 なる可能性がある」とのこと。


 もちろん彼女も私も医者ではないので

 断言できる立場でもないので、

 あくまでも可能性としてお伝えしております。



■ただ、個人的にはあながち

 嘘だとは思えないのです。

 長時間労働が引き金となって

 体がおかしくなることは、

 私自身経験済みです。

 医学的にいろいろ言われている

 プラスαでいろんなところが

 おかしな方向へと変わっていきました。



■こういう異変というのは、

 速く気づけば気づくほど、

 速い回復がカンタンにできます。

 しかも安く。

 気づくのが遅ければ遅いほど、

 回復が難しくなっていき、

 さらにお金がかかってしまいます。



■だからこそ、早め早めに

 決断を下した方がいいのです。

 特にこの時期、年末年始休み明けは

 気分がふさぎ込んでしまうことがあります。

 そうなる前に、一手打っておいて

 心身が不調になってしまう道を

 ふさいでおくことです。



■年末年始限定企画では

 ご希望があれば

 不調への道をふさぎ、好調への道を

 造るために必要な、

 あんなことやこんなことをお渡ししたいと

 予定しております。

 (あくまでご希望の方のみです)



■実際に不調に陥ってしまうと、

 そこから回復するのは結構

 大変です。


 けれど、早いうちであれば

 回復は結構簡単なのです。

 しかも出費も安く抑えられます。

 年内のうちに一手打っておくのも

 いいですね。



■サラリーマンにとってのフィジカルトレーニング

 と言ってもよいのではないかと思うのです。


 心身の不調から自分を守り、不調になってしまう

 であろう毒素を取り除く。

 そのためのケアがフィジカルトレーニングとも

 言うべきもの。


 始めるのが早ければ早いほど、

 労少なく果実多し、

 です。


 年が明ける前に一歩踏み出してみると

 その効果の大きさや違いが判るはず。


 私自身、今年の年が明ける前に一歩踏み出して

 その効果を痛いほど味わっているので、

 断言できます。


 一歩踏み出してみてはどうでしょうか?



※年末年始限定企画 開催中!

 ↓

0コメント

  • 1000 / 1000

仕事術改造論【別冊版】

仕事そのもののあり方が問われています。残業を減らすだけでは不十分であり、 それが今の会社・個人に歪みをもたらし、痛めつけています。 特に「設計・開発」といった頭を使う仕事に携わっている人はかなり傷つき、 疲れ果てています。 そんな方のためのご支援ができるように、このページを作りました。