【ラクをするんじゃなく、ラクになることを考えるべき】

 

■ついこないだ、家に食べ物がなくなったので

 すぐ近くのスーパーに買いにいきました。

 

 

 昼は食べなくてもいいや、と思ったのですが

 さすがに夜は少しだけでも口にした方が

 いいな、と思ったので。



■で、空腹が夜まで続いて、

 結構ひもじくて辛かったです(笑)


 朝の6時頃、朝食を摂って夜の19時前まで

 水以外のものを口に入れなかったので、

 ひもじくなったのも仕方ないかな、と。



■食べたら、ひもじくて辛かったのが

 一瞬にしてラクになりました。


 あの辛さはなんだったんだ?

 というくらいに、一気にラクになりました。

 これは、大きな大きなヒントとなりました。



■食料でも日用品でも、あるいは書籍や教材、

 学ぶための何かしらのサービスなど、

 モノを買うときは

 「ラクになりたい、ラクになるため」

 ではないか?という仮説が浮かんだのです。

 

 「ラクをするんじゃなく、ラクになる」

 ということ。

 仕事も同じだと思うのです。



■ある時期、同じ構造物(トンネル)

 だったのに、

 発注先も方針も書式も条件も全く異なる

 設計業務に、同時進行で取り組んだことがあります。

 取り組み始めた当初は、頭がこんがらがって、

 条件や方針などが混同した成果を出していて

 怒られたりもしました。


 そういうことを何度も繰り返していくうち、

 それぞれの「傾向と対策とフォーマット」

 が見つかっていき、


 それに沿って仕事を進めていったら

 もっとラクに、もっと早く、もっと正確に

 仕事が進むようになったのです。

 しかもまったく違う方針・書式・条件なのに

 同時進行でスイスイと仕事が進んでいきました。



■ここで、ラクをするのとラクになるのとは

 全く違うことを頭に入れておいて

 頂きたいのです。


 ラクをするとは、

 『苦労の道を避けて通りやすい、

 カンタンな、横着な道を通る』

 こと。


 ラクになるとは、

 『前に比べ、同じことが少ない手数でできる』

 こと。


 似て全く非なるものなのです。



■これ、仕事も同じことが言えます。

 スキルを伸ばす、キャリアを形成するのは、

 近い将来、今と同じことや類似なことが

 少ない手数でできるようになること、

 と言えるんじゃない?

 と思うのです。

 そして、これこそが

 「生産性が高い」状態であるということ。



■新しい仕事に取り組み始めたとき、

 違う部署・会社に移ったとき、

 そもそも新人のとき、

 

 であれば、まずは苦労をしてでも

 目の前に取り組みつつ、得意なことに

 できるだけ絞ってやることが

 とても大事だし効果的。

 

 けど、今後10年20年と、

 新人と同じことをしているわけには

 いかないし、どうせやるなら

 「ラクになる方向」へ向かっていく方が

 とても生産的で楽しいもの。



■工事の図面を描いているのであれば、

 描いていくうちにもっと早く、

 もっと正確に、

 もっとカンタンに、

 描けるようになっていくべきです。


 技術提案書を作成しているのであれば、

 成約率が高いフォーマット・要素を見つけて

 それに沿って書いていくことを目指すべきです。

 そうすると、今よりもカンタンに仕事の受注に

 つながります。


 契約書を取りまとめているなら、

 各部署から寄せられる契約書の傾向と

 対策を見える化しておけば、

 次まとめる際に手数が少なく、手戻り少なく

 できるようになるはずです。



■ラクをするとラクになることはまず無い

 ですけど、

 ラクになることを意識して動いていくことで

 今と同じことが今より素早く正確に、

 しかも大きな成果を生み出すことに

 つながっていく。

 と、のたうち回りながら考えていました。


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ■当ブログでは、私の体験をできるだけ一般化に近づけて 

 お届けしています。 

 それを、あなた専用の形にしてお渡ししているのが

 「金山直志の個別コンサルティング」 。 

 ■仕事の戦略、仕事のIQ、仕事の進め方、働き方から、

 スキルアップ相談、キャリア形成相談、あなたの将来構築相談、 

 などなど、仕事、働き方、スキルアップやキャリア形成に関するご相談、

 お問合せを承っております。 

 ※個別コンサルについては、こちらをご覧ください!

  ↓ 

 「金山直志の個別コンサルティング」

  ※ブログではお伝えできないことを毎日お届けしている、 

  ニュースレターはこちらから!

  ↓ ↓ ↓ 

  金山直志 公式ニュースレター【仕事術改造論】  

 ※上記をクリックすると登録用ページが表示されますので、 必要事項を記入して登録して  ください。

0コメント

  • 1000 / 1000

仕事術改造論【別冊版】

仕事そのもののあり方が問われています。残業を減らすだけでは不十分であり、 それが今の会社・個人に歪みをもたらし、痛めつけています。 特に「設計・開発」といった頭を使う仕事に携わっている人はかなり傷つき、 疲れ果てています。 そんな方のためのご支援ができるように、このページを作りました。