【日常あまり関わらない人と関わることが日常の引力に引かれないコツ】

 ■高い目標、立派な目標を掲げたにも 

 関わらず、道半ば(スタート時?)に 

 やっぱりだめだ・・・ってなってしまう方、多いようです。 


 個別コンサルにお越し下さる方、

 本ニュースレターをお読みの方、

 ブログ読者にも見られます。 



 ■そうなるのは致し方ない面がありまして、

 「日常の引力に引きずり込まれてしまう」

 からです。 

 

 朝起きて、会社行って仕事して、

 家に帰って・・・というのが

 一般的な日常のサイクル、日常の引力です。

 (細かいことは抜きにして)  


 合間にテレビ見たりネットサーフィンや

 Youtube見まくったり、という方も

 多いことと思います。


 私も、そういうときあります。 



 ■この引力に引っ張られてばかりだと、

 目標達成できない、

 出したい結果を出せない、

 のは当然です。


 ではどうすればいいかというと、

 「日常あまり関わらない人と関わること」  

 です。


 ■たとえば、会社員であれば

 他業界・他社の社員と会ってみる。  

 個人事業主であれば、会社を経営している

 社長・役員と会ってみる。 


 もしくは、ある世界で圧巻な結果を出しているビジネスパーソンと会ってみる。 

 などなど、

 「普通、こういう人とは縁が無いよな」

 という人たちとかかわりを持つことで、 

 日常の(マイナス方向の)引力に

 引きずられにくくなります。 



 ■目標を達成している人や結果を出している人、

 やりたいことがやれている人は、

 そのほとんどが普段関わらない人と関わっています。 


 自分が知らない世界をのぞいてみる、

 全く逆の価値観を体感してみることにより、 

 自分のフィジカルが鍛えられて強くなり、

 マイナス方向への力に対する耐力がついてくるのです。 



 ■私は金田サロンの金田博之さんや

 平成進化論の鮒谷周史さんと関わるようになって、

 そのことをひしひしと感じています。


 なかなかできなかった、

 自分の力で モノを売るということが少しずつですけど売れるようになり、

 お客様がついてくださるようになり、

 自らの基礎体力が身についてきて 

 1を聞いたら10とはいかなくとも5くらいは分かるようになってきました。 

 

 「普通だったらこういう人とのご縁は無かった」

 と思える人とお付き合いをさせて頂くことで、 

 自分自身のフィジカルがどんどん上がってきているのです。



■目標って、自分で立てたものではあるけれど

 自分一人で達成できるほど甘くはありません。


 建設工事と同じです。 


 図面は一人で描けるけれど

 それをきちんと築造するのは一人では無理で、

 全体を統括する人、実際に造る人、資材を手配する人、

 必要な書類を整える人、などなどがいて、

 初めてマンションや橋などが建設されます。  



■日常関わらない人と関わることは、

 日常の引力に引かれないコツです。 

 日常の引力に引きずられにくくなると、

 ご自身の成長速度は目に見えて速くなります。 

 それはご自身で体感できます。 


 一度でもいいので、普段全く関わらない人と接点を持ってみると

 ご自身の人生は好転していきます。 

 それが私 金山の個別コンサルだったらなおいいのですが(笑)


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ■当ブログでは、私の体験をできるだけ一般化に近づけて 

 お届けしています。 

 それを、あなた専用の形にしてお渡ししているのが

 「金山直志の個別コンサルティング」。 


 ■仕事の戦略、仕事のIQ、仕事の進め方、働き方から、

 スキルアップ相談、キャリア形成相談、あなたの将来構築相談、 

 などなど、仕事、働き方、スキルアップやキャリア形成に関するご相談、

 お問合せを承っております。 

 ※個別コンサルについては、こちらをご覧ください!

  ↓ 

 「金山直志の個別コンサルティング」


  ※ブログではお伝えできないことを毎日お届けしている、 

  ニュースレターはこちらから!

  ↓ ↓ ↓ 

  金山直志 公式ニュースレター【仕事術改造論】  

 ※上記をクリックすると登録用ページが表示されますので、 必要事項を記入して登録してください。

0コメント

  • 1000 / 1000

仕事術改造論【別冊版】

仕事そのもののあり方が問われています。残業を減らすだけでは不十分であり、 それが今の会社・個人に歪みをもたらし、痛めつけています。 特に「設計・開発」といった頭を使う仕事に携わっている人はかなり傷つき、 疲れ果てています。 そんな方のためのご支援ができるように、このページを作りました。